• 高さや形を理想の鼻に
  • ナチュラルな美容整形
  • 美しさを追求したい女性へ

TOP > 二重整形 > 二重整形後の二重まぶたの傷跡について

二重整形後の二重まぶたの傷跡について

二重整形を希望している方の最大の疑問点は、術後の経過ですよね。

手術中の痛みなども気になるところではありますが、結果的に理想の二重まぶたになれなくては元も子もないです。ましてや傷跡が残ったりでもしたら、二重整形手術をしたことを後悔してしまいますよね。

傷の程度はどの二重まぶた手術を選択するかで変わってきます。皮膚を切らない埋没法の場合は傷跡はほとんど目立たなくなるでしょう。ただ、埋め込んだ糸が浮き出てしまう方が稀にいるようです。

その他、部分切開法や全切開法といった二重整形手術法がありますが、どちらもまぶたにメスを入れる方法なので、傷が残ります。ただ時間がたてばほとんど分からない程度にはなります。

二重整形を受ければメイク時間を短縮できる

二重まぶたを自分で作成している人は毎日それだけの時間をメイクに費やしているということになります。最近では簡単に作成できるようなアイテムも沢山出てきていますが、ノリなどを使用する場合には当然乾くまで待たなければなりませんし、そちらが完成するまでは目元のメイクを始めることができません。

作り始めてから5分くらいはかかりますのでその分時間をロスしていることになります。しかし二重整形を受けて自然な二重まぶたを作ることができればその時間を短縮することができるのです。朝の5分はとても貴重です。その貴重な時間を無駄にしないようにしましょう。

二重整形について知りたい

美容整形の中でも二重まぶたをゲットするための二重整形の人気はとても高く、今でも一番人気といっても過言ではありません。では実際どういった施術を受けることになるのでしょうか?まず方法としては大きく分けると2つあります。

まず受ける人が多いのが埋没法と呼ばれる施術です。なぜこちらの施術の人気が高いのかと言いますと、なんといっても切らずに施術を受けることができるという点でしょう。「まぶたを切る」というのがナイーブだった人の悩みを解決してくれています。費用も他に比べると安いので、こちらも受ける人が多い理由の一つでしょう。

二重整形で人にうらやましがられる女性に

自分の子供が一重まぶたか二重まぶたか気にする人がいる程、目元の見た目を重視する人がいます。二重まぶたであると、確かに目はぱっちりして見えます。美容整形では、二重整形で目元の修正をすることができます。

糸を埋め込んで溝を作るので、理想の二重に自在にすることが可能です。糸は心臓外科で使われる極々細いもので、子供の柔らかい細胞にも使えるといわれます。まぶたも眼球を守るデリケートな部分なので、柔らかいです。施術を受ける前には、医師からの説明をよく聞き、疑問点が残らないようにしておきます。デメリットであっても納得して受けることが重要です。

二重整形、痛みも少ない施術

美容整形には様々な施術がありますが、二重まぶたにできるのは二重整形です。メスで切開する代わりに、糸を使用します。心臓外科手術でも使用する非常に細い糸をまぶたに埋め込んで、溝を作ります。

切開しないので、出血、痛み、腫れが少なく比較的早く日常生活に戻ることができます。腫れぼったい目にならずに施術を終えられます。目元が変わると、印象も別人のように変わります。セクシーさ、可愛さ、小悪魔的な魅力など理想のイメージを施術前のカウンセリングで医師に伝えておくことが重要です。医師からはメリット、デメリットとも説明をお願いして納得できる施術にします。

二重整形関連

MENU

HOME 鼻整形隆鼻 鼻整形の隆鼻などの仕上がり 二重整形埋没法で二重まぶた 二重整形 美容外科

ページトップ